子どもの権利が大切にされる社会をもとめて前進を!

保育部ももぐみ

保育部ももぐみ

子ども情報研究センター保育部ももぐみは子どもの権利擁護をめざして『子どもの人権を大切にする保育をしたい』という思いで会員の参画により活動しています。

ももぐみの講座

ももぐみでは、講座を「保育つき講座」ではなく「講座つき保育]ととらえています。

小さい子どものいる家庭の親が講座等に参加するときには子どもを預かる保育のついた「保育つき講座」があります。
子育ての日常生活を離れて学習したり、リフレッシュしたあとは気持ちよく子どもと向きあえ、親子にとっても風通しのよい体験だと思います。
では、なぜももぐみでは「講座つき保育」とも考えるのでしょうか。
子どもを預けるときには、親はどうしても「(子どもに)待っていてもらう」「(保育者に)預かってもらう」という気持ちになりがちです。
ももぐみでは、子どもにも講座の参加者として主体的にあそべる保育の工夫をしたいと思っています。

保育担い手派遣

保育部ももぐみでは、保育者のことを「保育担い手」と呼びます。保育を担う主体者としての自覚を忘れないように名づけました。
『あの子もその子もこの子もどの子も大切』と思い活動している仲間を担い手として派遣しています。

保育のお申込みはコチラ

ももぐみだより

わたしたちの思いをいっぱい詰めたお便りをお届けします。

お気軽にお問合せください(事務所) TEL 06-4708-7087 受付時間9:30-17:30(土・日・祝日除く)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINE
PAGETOP