自然教室の報告

11月25日(日)に2018年度自然教室「人と自然のハーモニー~秋の奈良公園・春日山を巡り歩く」が開催されました。
参加者は27人。子どもは、そのうち1歳から9歳まで11人の参加でした。
10時30分頃に全員集まり近鉄奈良駅前「行基」噴水前を出発!

 

 

 

線のところが当日に歩いたコースです。
小さな子どもたちも一緒だったので、ゆっくりしたペースで、周りの木々を見ながら歩きました。

 

 

奈良公園の興福寺エリアから飛火野エリアに向けて歩いていると、しばらく歩くと、木の中から竹が7本出ている木を発見。
春にはタケノコが取れるそうです。

 

 

 

子どもが見つけた「むくろじの実」

 

 

 

葛藤の由来になった藤が他の木に絡みついている様子。
公園内には、藤が他の樹に絡みついている様子が多くみられます。

 

 

ルリ(瑠璃)センチコガネ、発見
ルリ(瑠璃)センチコガネは、鹿の糞のたくさんあるところに生息。

 

 

 

私たちが歩いたささやきのこみち付近は春日山原始林の入り口になっています。その様子です。

 

 

 

ささやきのこみちを離れて、いよい春日大社の参道へ