12月10日(土曜日)と12月11日(日曜日)千里金蘭大学にて、2日間に渡って開催されました「子どもの権利条約フォーラム2016in関西」におじゃまんぼうさせていただきました.

1日目(10日)では吹奏楽部皆さんの素晴らしい演奏に始まり、子ども実行委員のメンバー達が一生懸命準備、練習したダンスや劇、川柳などがあったり各団体と共にリレートークや交流会があったりととても楽しめる内容でした。「きぃてぇや!ほんまはな、、」というテーマに沿って子どもがおとなに感じている事を聞いた時は思わずドキリとしてしまう内容が沢山あり、おとなになるにつれていつの間にか忘れていた子ども心を思い出したり、また我が子にも知らず知らず理不尽な対応もしていた所があったなぁと反省。。。ほんと感じた事、得たものが沢山な1日でした

舞台発表以外にも各ブースに様々な展示物があり、子どもからおとなに書かれた質問に答えるブースや伝えたい事言いたい事を書くブースがあったり、ツリーに質問が書いてあり反対側に参加者が質問の答えを書けるようになってたり、子どもスタッフ達のフォーラムまでの道のりパネルがあったりと、とにかく言葉では伝えきれない程充実した内容でした

2日目(11日)では午前の部と午後の部で、それぞれ興味のあることを学べる分科会の開催、その後全体会がありました。様々な分科会の中から「子どもの権利って何色?ねこのポーポキと全身で表現しよう」を選択まずは皆とヨガで身体をほぐした後、ねこのポーポキの生活が描かれた絵本を読んでもらいその後、ポーポキの生活を題材に平和について皆と意見交換したり平和のポーズをグループ毎に考えたり、最後は泣いてる姿が描かれた絵がハッピーエンドになるように皆で考えて発表し合い終わりました。

他にも興味のある分科会が沢山で、いつか他の分科会に参加された方のお話しも聞いてみたいなと思ってます。

思い出すだけでも暖かな気持ちになれる、とてもとても楽しく素敵な2日間でした企画準備して下さった皆様に感謝です